HOME>アーカイブ>お得に手に入れると活用の幅も広がって楽しめます
カタログ

こまめにチェックしよう

大人気のカタログギフトも、システム料のことを考えると額面だけで購入するのに悩むこともあるのではないでしょうか。適宜割引されているカタログを購入すれば、気兼ねなく金額以上のものを送ることもできますので、会員登録などができるカタログ会社ならしておくと、そのつどセール情報なども出てくるので非常に便利です。3~4割ぐらいでもかなり利用しやすくなりますが、シーズンを越えたりしたようなものになってくると、5割近くの値段で販売がされていたりすることもあります。まとめ買いや早期注文の割引など、いろんな情報を活用してお得にカタログギフトを手に入れて使いこなしましょう。

時期を狙おう

憧れのカタログギフトがあっても定価だと挑戦しにくく感じてしまいがちです。時期を狙えば割引もしていますので、メールマガジンなどの登録もしておくと便利です。お中元やお歳暮の時期も、できるだけ早めに狙えば早期割引が効きますし、終了した後だと売れなくなると言うことで安くなったりすることも有ります。通年のカタログでも新しいカタログに変更するときなどは安くなったりしますので、大きな行事等の前後を狙ってみましょう。

安いと使い勝手のよさが増します

定価で購入するカタログギフトだとなんとなく買いにくい印象がありますが、割引してあるとシステム料のことも含めて使いやすくなるように思えるのではないでしょうか。誰かに贈るために使うのであれば少しいいお値段のものを選択肢として選ぶことができるようになりますし、安くなっているので試しに自分のために使ってみるというのもおすすめです。上手く割引されているカタログギフトを見つければ、日常生活にちょっとした楽しみをプラスすることもできます。

広告募集中